うつ病と抑うつ気分


気分の落ち込みや、やる気が起きないなど、こころの不調は誰もが経験するものです。

このような気分の落ち込みと、うつ病の違いを見分ける1つのポイントは、「どのくらい長く気分の落ち込み(抑うつ状態)が続いているのか」ということです。

ちょっとした気分の落ち込みなら、2、3日もすれば回復しますし、カラオケや飲み会などで気晴らしをすれば、憂うつな気分が吹き飛ぶこともあります。

しかし、うつ病では気分が落ち込んだ状態が2週間以上も続き、何をやっても「気が晴れる!」ということはありません。

社会生活や生きるために必要なことへの関心・意欲が起こらなくなる心の病気です。


うつ病の種類


 

うつ病はその症状のあらわれ方で、大きく2つに分類されています。
抑うつ状態だけが起こるタイプの「うつ病(大うつ病性障害)」と、抑うつ状態と躁(そう)状態の両方が起こる「双極性障害」です。

「双極性障害」は、以前は「躁うつ病」と呼ばれていました。

非常に元気がよくなって、何でもできると思い込む躁の状態と、抑うつ状態の2つの極端な気分の波があらわれるのが特徴です。

抑うつ状態のときの症状自体は、うつ病と異なるものではないので、うつ病と間違われることもあります。

うつ病と双極性障害の抑うつエピソード(躁うつ病のうつ状態)はその原因や経過だけでなく、くすりや治療法も基本的に異なります。


うつ病の患者数


平成14年に厚生労働省が行った調査では、うつ病の有病率6.5%であり、15人に1人が生涯に1度はうつ病にかかる可能性があると報告されています。

(成人においては、13人に1人がうつ病経験者であると報告されている。また日本で働く人の10人に1人が「うつ病」と診断されていることが、デンマークに本社がある製薬企業「ルンドベック・ジャパン」の調査で分かった)

うつ病患者さんは年々増加しており、2008年にはうつ病と躁うつ病(双極性障害)とあわせて100万人以上になったといわれています。しかし疫学調査からは300万人以上のうつ病の患者さんがいると推定されていますので、うつ病患者さんの4人に3人はきちんと医師を受診していないことから、実際にはさらに多くの患者さんがいると考えられます。

しかし、インターネットの普及によって、ホームページなどでうつ病のチェックを行い、医師に相談するという人もまた少しずつ増えてきています。

また、うつ病は男性より女性に多くみられるほか、年齢別では55~74歳の発症率が高く、15歳未満も発症しています。

ストレス社会でうつ病は、まさに誰でもかかりうる身近な病気、common disease(ありふれた病気)なのです。


うつ病の症状


監修:産業医科大学 名誉教授 中村 純 先生

うつ病の症状は、こころとからだの両方にあらわれます。

からだの症状は、こころの症状に比べるとわかりやすいものですが、うつ病が原因で、からだの症状が起きているとはなかなか判断されにくいものです。

こころの症状

うつ病になると、以下のような精神的な症状」が現れてきます。

典型的な症状としては、「抑うつ気分」と「意欲の低下」です。

抑うつ気分

  • 気分が落ち込む、何をしても気分が晴れない。特に朝の抑うつ気分が強い
  • 悲しい気持ちになる
  • 憂うつだ
  • 何の希望もない
  • ため息が多くなる
  • 人によってはイライラして怒りっぽくなる

意欲の低下

  • 今まで好きだったことや趣味をやる気になれない
  • 友人や家族と話すのも面倒だし、話していてもつまらない
  • テレビや新聞をみてもおもしろくない
  • 身だしなみやおしゃれに関心がわかない
  • 不安や落ち着きのなさ(焦燥感)でじっとしていられない
  • 毎日生活に張りが感じられない

思考力の低下

  • 注意力や集中力が低下し、仕事の能率が落ちたり、ミスが多くなったりする
  • それまで出来ていたことが、出来なくなる
  • 考えがまとまらず、正常な判断や些細な決断ができない
  • 注意力が散漫になって、人のいうことがすぐに理解できない

からだの症状

 

うつ病の症状はこころだけでなく、からだにも現れ、1つではなくいろいろな症状が現れます。

眠れないことに加えて、疲労・倦怠感、頭痛、食欲減退または増加などです。

そしてこのような症状があるにもかかわらず、いろいろな検査をしても原因がわからないということがよくあります。

からだの不調に加えて、よく考えてみると「毎日が楽しくない」、「何をしてもつまらない」、「とにかく憂うつだ」など、こころの症状もある場合は、早めに医師に相談することが大切です。

睡眠の異常

  • 寝つきが悪い(入眠困難)
  • 朝、目覚ましよりも早く目が覚める(早朝覚醒)
  • 夜中に何度も目を覚ます(中途覚醒)
  • 寝た気がしない(熟眠障害)
  • 逆に、ずっと眠り続けてしまう
 身体の疲れが取れず、体力や集中力が落ちてミスが増えたり、イライラするなど、精神症状を悪化させるケースもある身体症状です。食欲の低下(ときに増加)

 

食欲がない

  • 何を食べてもおいしくないし、食べるのも億劫
  • ダイエットをしていないのに、体重が1か月で数キロも減った
  • 逆に、甘い物が欲しくなったり、過食になり、体重が増加することもある

疲労、倦怠感

  • からだが重くだるい
  • 休んでも疲れがずっと残っている
  • ひどく疲れる
身体が思い通りに動かないため仕事や行動が滞りがちになり、周囲に「怠けている」と勘違いされやすい身体症状です。

ホルモン系の異常

  • 月経の不順
  • 勃起の障害
  • 性欲の低下

その他の症状

  • 頭痛(頭に鍋をかぶったようなすっきりしない鈍い痛み)、頭重感
  • 肩、背中、四肢関節などさまざまな部位が痛む
  • 便秘
  • 心臓がドキドキする(動悸がする)
  • 胃の痛み
  • 発汗
  • 息苦しさ、窒息感

 

 

なぜ、うつ病でからだの症状があらわれるのでしょうか?

 

うつ病では、様々なからだの症状があらわれるため、多くの方にうつ病という自覚がなく、何らかのからだの病気があるのではと考えて、内科などを受診する人が少なくありません。

実際に、うつ病患者さんの半数以上が初めて病院に行くときには、精神科ではなく内科を受診していたという報告があります。

では、なぜ、うつ病でからだの症状があらわれるのでしょうか?
それは、心配事があればお腹がキリキリする、緊張すると胸がドキドキするというように、こころとからだはつながっているからです。

うつ病は、精神的に落ち込む病気ですが、そのこころの不調がからだにもあらわれているのです。

また、うつ病は気分の不調をきたすだけでなく、神経やホルモン、免疫などに影響を及ぼし、これらが複雑にかかわりあって、いろいろなからだの症状があらわれると考えられています。これを心身相関といいます。
さらに、うつ病になると「不安になりやすい」、「物事を悪くとりやすい」という状態になるため、普通だったら見過ごす程度のからだの不調も、とても大きく感じてしまうのです。

 

逆の症状があらわれることもあります。

眠れない、食欲がない、落ち込んでいるという症状はうつ病でよくある症状ですが、ときに逆の症状があらわれることがあります。

眠れない → 睡眠の過剰があらわれることがあります。(過眠)
  • 朝も遅くまで寝ている
  • 休みの日は1日中寝ている
食欲がない → 食欲が異常に進むことがあります。
  • いつもよりよく食べるようになった
  • やけ食いにも似ている
  • 夜中によく食べている
  • 数か月で明らかに太った
落ち込んでいる→不安や落ち着きのなさ(焦燥感)があらわれることがあります
  • イライラしている
  • じっとしていられない
  • ソワソワした感じ

注意:特に高齢者のうつ病では、不安や焦燥感(イライラしたり、あせったりする)が強く出て診断が遅れることもあります。